法人向けのレンタカーの種類を紹介します!

自動車関係の仕事でないとレンタル出来ない車

レンタカーの中で一般の人が申し込んでも断られる車があります。それはキャリアカーです。自動車を積んで運ぶ2トン以上のトラックの事ですね。何故、一般の人への貸し出しを断るかと言いますとよくぶつけられたり、壊されるからです。車を積んで走っていると横風に煽られたり、意外と大きな内輪差で曲がり切れずに障害物にぶつけてしまう事があります。またウインチや荷台部分の操作を誤って壊してしまう事もあり、自動車関係の会社にしか貸し出さない風潮になっています。

商業者は買うよりレンタルがお得

商用車とはバンの事ですね。荷物が沢山つめますので、建築関係や設備関係の仕事では重宝されています。しかし購入するとなると意外と高く、国産高級車が買えるレベルになります。最低でも500万円ぐらいします。そこに目を付けたのが商用車のレンタルサービスです。一年で100万円程度の費用で貸し出してくれますので、仕事がある時にはレンタルをして仕事が無い時には返却する様にすれば、更に安くレンタルする事も出来ます。

社用車はリース感覚でレンタルする

社用車はリースという考え方が一般的ですが、リースのデメリットは途中解約すれば残りのリース代を一括で支払わなければならない事です。その点、レンタカーは借りた期間のお金だけで済みます。厳密に言えば先払いですので、多めに払っておいて早期に返却すればお金も帰ってくるという仕組みです。リース同様に自動車税や車検代はレンタカー会社の負担になりますので、社用車を購入するより圧倒的に経費面では優れていると言えます。

色々な自動車に気軽に乗ることができるレンタカーは便利なサービスです。もし、同じレンタカーを長期利用したい場合には、専門業者に相談してみるとスムーズに対応してもらうことができるでしょう。